ザイザルの写真とアトピー性皮膚炎に苦しむ男性のイラスト

ザイザルで花粉症対策

花粉症の薬としてザイザルがあります。この薬の特徴などをこちらでは伝えていきます。また、ザイザルはアトピー性皮膚炎による皮膚の痒みなどにも効果を示すお薬となっていますので、ザイザルを使用される前に薬の作用を理解しましょう。

ザイザルで花粉症対策

花粉症につらい思いをしている人も少なくありません。特に近年花粉症人口は急激に増え、今まで発症していなかった人でも酷い花粉症に見舞われる人もいます。それまでは花粉症など自分とは無縁だったという人も明日は我が身というのが花粉症の怖いところです。花粉症とひとくちに言っても症状は様々です。代表的な症状はくしゃみや鼻水が止まらなくなったり、咳や微熱が出たりといった風邪のようなものが多いですが、花粉が目に入ることにより目のかゆみやしょぼしょぼとした感じを訴える人もいます。症状が酷い人の中には蕁麻疹が出てしまう人もいて、身体に発疹が出る人もいます。この時に怖いのが、蕁麻疹は悪化すると体内にも発症するということ。気管に蕁麻疹が出てしまうと呼吸がしにくくなり、呼吸困難になってしまう人もいます。では、このような症状を改善するにはどのような対処をすれば良いのでしょうか。一般的な方法は薬を飲むことです。特に最近注目されているのがザイザルという薬。ザイザルは高い効果が期待されている薬で、その効果の高さのわりに副作用が少ないといわれています。とはいえ全く副作用が出ないとは断言できません。多くの花粉症の薬は眠気が出やすいことで知られていますが、ザイザルもやはり眠気が出やすいことで有名です。花粉症対策の薬として一般的なアレグラよりも眠気の副作用が強く出る傾向にあります。また、ザイザルは効果が長時間続くことも有名で1日1錠飲めば24時間効果が持続します。その分薬価が高いので、1錠あたりの値段はアレグラよりも高価になります。ザイザルは市販されている薬ではないので、入手するには病院を受診し、医師に相談するようにしましょう。

▼仕事や学校で寝るわけにはいかない、という方におすすめの花粉症対策の薬
アレグラなら眠気が少ない