ザイザルの写真とアトピー性皮膚炎に苦しむ男性のイラスト

花粉症の薬としてザイザルがあります。この薬の特徴などをこちらでは伝えていきます。また、ザイザルはアトピー性皮膚炎による皮膚の痒みなどにも効果を示すお薬となっていますので、ザイザルを使用される前に薬の作用を理解しましょう。

アレルギー治療薬のジルテックの正規品を入手する方法

抗アレルギー薬ジルテックは有効成分セチリジン塩酸塩の働きによって、アレルゲンの刺激で肥満細胞などから放出されたヒスタミンが受容体と結合するのを阻害して、花粉症などによる鼻炎やじんましん、皮膚の痒みなどのアレルギー症状を緩和に導きます。ジルテックは第2世代抗ヒスタミン薬に属し優れた抗アレルギー作用を発揮しながら、第1世代抗ヒスタミン薬で生じやすかった服用後の眠気や口の渇き、排尿障害といった副作用が極力抑えられた薬になっています。
ジルテックは服用後1時間半ほどで効果があらわれ、その後7時間ほどが最も良く効いている状態になると言われますが、有効成分セチリジンの薬効そのものは24時間持続するとされ、1日1回の服用で良いというメリットもあります。ジルテックには抗ヒスタミン作用のほかロイコトリエンやプロスタグランジンD2といったアレルギー症状を引き起こす他の化学伝達物質の分泌を抑える働きも持つとされます。

ジルテックには抗好酸球にも作用する

ジルテックの有効成分セチリジンにはヒスタミン等の働きを阻害する抗アレルギー作用のほかに抗好酸球作用も行います。
好酸球は白血球の一種でアレルギー症状が出た時に増える細胞で、ヒスタミンなどの作用を中和する働きを持つものもある顆粒を分泌しますが、炎症の原因にもなるためアレルギーの症状が悪化するケースもあります。ジルテックは好酸球の作用も抑えて全体的なアレルギー症状緩和に導いて行きます。

ジルテックは眠気の症状も起こりにくい抗アレルギー薬

ジルテックはアレルギーそのものを治すのではなく対症療法の薬ですが、呼吸が苦しくなるような花粉症の鼻炎などの悪化を抑えながら、抗アレルギー薬に起こりがちの眠気等の副作用も起こりにくいため多くの人に頼りにされています。
ジルテックの有効成分セチリジンは先発医薬品やジェネリックなどの処方薬はもちろん市販薬にも使われており、高い人気を集め続けている抗アレルギー薬です。

詳細情報

成分名のセチリジンについての情報を知りたい方は詳細に掲載されているサイトを参考にしてください。

セチリジンの働きを詳しく見る

ジルテックの病院処方について

優れた抗ヒスタミン作用によって花粉症などによる鼻炎やじんましんの痒みといったつらいアレルギー症状を緩和させるジルテックですが、処方薬は病院へ行って医師の診察を受け、処方せんを出してもらってから薬局で購入することができます。
長期で服用する場合は市販薬よりも処方薬であるジルテックのほうがコストパフォーマンスが良いと言われ、市販薬にも処方薬と同じ成分や同量のものもありますが処方薬のほうが有効性が高いといった印象もあり、市販薬ではなくジルテックを望む人が少なくありません。

ジルテックを通販サイトで入手する際の注意点

新たな抗アレルギーの処方薬を試したい人や、病院へ行く時間が無く処方薬が入手しにくかった人にとって便利なのが、個人輸入代行の通販ショップからの購入です。
個人輸入代行という形式で処方せん無しで処方薬を購入することができる通販ショップは、服用を続けている処方薬が無くなりかけても多忙で病院へ行けない時や、市販薬でなく同じ成分の処方薬を試してみたい時などに便利です。これまで使ったことが無い処方薬も購入できますが、効果が高い薬に付き物の副作用への注意や同時に服用してはいけない薬など自分自身でしっかりと把握して、用法用量や注意事項を厳守する必要があります。
ジルテックのような抗アレルギー薬では重篤な副作用が起こりにくい印象があり、実際眠気も起こりにくいとされていますが、まったく眠くならない訳ではないため、念のため服用後すぐの車の運転を控えるなど自分自身で注意して、運転や高所などでの危険な作業を避けることも重要です。副作用の心配が少ない薬であっても、初めて使用する薬は病院で診察や検査を受けておくほうが良く、ジルテックのような処方薬もいっそう安心して使うことができます。