ザイザルの写真とアトピー性皮膚炎に苦しむ男性のイラスト

花粉症の薬としてザイザルがあります。この薬の特徴などをこちらでは伝えていきます。また、ザイザルはアトピー性皮膚炎による皮膚の痒みなどにも効果を示すお薬となっていますので、ザイザルを使用される前に薬の作用を理解しましょう。

アーモンドプードルによるアレルギー疾患はザイザルで

アーモンドプードルは名前通りにアーモンドのことで、これを粉末状にしたものをプードルと呼びます。こういったアーモンドなどの食物アレルギーを持つ人は多く、特にアーモンド、ナッツアレルギーは顕著な症状を起こすと言われています。少量でも口に含むと危険だと分かるほど敏感で、間違えて少し舐めただけでも喉が腫れたり、蕁麻疹が出るほどです。過去にはピーナッツクリームを誤って舐めて死亡したという例もあり、少量でアナフィラキシーショックを起こす可能性もあります。基本的には食事からナッツ類を取り除くなどの対処が必要ですが、いつでもそれができる状況とは言えません。そのため、アレルギー症状を緩和できる抗ヒスタミン薬を用意しておくことが大切です。ザイザルは抗ヒスタミン薬のひとつで、アレルゲンに触れるか体内に取り込んだ際に、過敏症状を起こす原因となる化学伝達物質のヒスタミンを抑制する作用があります。また、ロイコトリエンなどの物質の遊離を抑える作用があることから、広い範囲でのアレルギー症状に効果が見られる薬です。ザイザルは抗ヒスタミン薬の中では中程度の効果で、眠気が抑えられた第二世代であることから、医師の処方がしやすい薬でもあります。花粉症はもちろんのこと、鼻の諸症状や、喉の痛み、蕁麻疹などの皮膚炎、ショック症状などを緩和することができるので、アーモンド、ナッツアレルギーの人は、早い内から処方してもらうようにしましょう。ザイザルの処方以外にも、アレルギーによる治療は様々で、かかりつけの医師によっては異なった治療法が提示されますが、よく相談して対処してもらうことが重要です。ナッツアレルギーは重篤な症状を起こしやすいので、特に慎重に治療していく必要があります。